Welcome !

トラブル発生

中国は、北京オリンピックの女の子サッカー準々決勝で、日本に面しました。
およそ30,000の席の90%以上は、中国人です。
中国当局は厳しい腕時計でそれに向かいました。
しかし、部分は日本の観衆が持っていた日本の旗のほとんど紋章の色を捨てませんでした。
そして、暴論を作りました。
そして、トラブルは起きました。

国歌演奏によって、君が代が以前にかかりました。
そして、物議は起こったが、ほとんど立ち上がることでパフォーマンスを聞きました。
瀋陽(30)から来た王慶民は、「昼間の友人です」。
当然のことで立ち上がることを笑いました。

ここに温和だった中国の観衆。
ゲームは始まりました。
そして、ボールが日本のプレーヤーに渡ったとき、ブーイングは起こりました。
日本がスコアリングを開始するとき、より過熱されます。
中国の男性によって日本の旗のほとんど紋章の色を奪われませんでした。
そして、横浜市の男性の会社員(28)は捨てられました。
それは衝突になりました。
そして、警官は仲裁を開始しました。
「小さな日本を破りました」と、叫びました(日本の軽蔑的な語)、男性の方へ、そして、ボランティアによってコントロールされる男が、いました。

強いです。
そして、外交筋によると、日本の側はオリンピックの2分の1年以上の間中国の側で日本の旗と君が代の中でこの日の会場をやじらないことを要求します。
ピストルをもつ制服を着た警官はそれを見て回りました。
そして、一般の平和で関係するおよそ500人を超えるは席でそれ自体を置いて、観衆の動きに用心深かったです。

日本の北京オリンピック代表