Welcome !

日本の北京オリンピック代表

1992年のバルセロナ・オリンピックの後、サッカー競争と将軍としてのこの会議が支配するオリンピックの準備で、それが23才以下のプレーヤーのためにだけ言われた制限を、備えrていました。
したがって、予備期間の間の日本(準備が日本の最後の年U-22代表で持たれるとき)のU-23代表と、しばしば呼ばれています。
しかし、overEijiフレームをこの会議に含めることができるので、日本から代表的なオリンピックと呼ばれている名前が使われます。
詳細は、日本のオリンピック・サッカー代表に言及します。
年齢には制限がありませんでした。
そして、参加がアマチュアだけを許可されたとき、日本から代表的なオリンピックは1968年のメキシコシティー会議で銅メダルを獲得しました。

新しい金の世代と呼ばれています。
主要なプレーヤーには、岡崎慎司(86年組)や家長昭博(86年組)、本田圭佑(86年組)や長友佑都(86年組)、内田篤人(87年組)や香川真司(88年組)などがいます。
しかし、12年の間隔の後AFC U-17チャンピオンシップ2006でチャンピオンシップに勝ったとき、1990年に生まれるプレーヤーはこれまでに新しい金の世代と呼ばれていました。
そして、出生は北京グループ(1986-88年間の溝生成の底)と呼ばれていました。

実際この世代は北京オリンピックでは全敗しています。

北京の時のブラジル代表トラブル発生