Welcome !

北京の時のブラジル代表

それは、12年の間隔の後オリンピックの表彰台に上がったブラジルであったが、いらいらの半分の銅メダルになりました。
そこのそれであった鬱積した怒りが強くなりました。
そして、勝利がベルギーでごった煮で決勝の舞台で出さなかった地滑りはそれほど死にませんでした。

サッカー王国の内臓を見せたことは、27分、前半でした。
diegoがDFによって囲まれる間、ラフィーニャは右足と共に正常なクロスを置きます。
そして、イニシアティブ点。
さらにまた、ジョーは前半と後半部の終わりの直前に、点を加えました。

オリンピックに関しては、この時が11回目の参加であるが、ワールド・カップ選手権を5度誇りに思います。
二度による銀と銅。
そこで、決して私が表彰台のトップに立っていたためにでなく、あります。
数えきれない栄光で光ったロナウジーショが「数のそれを持ったタイトルで金メダルを加えて欲しくされた」とき、それが向いた北京さえ運び出すことが、まじめな願望は、できませんでした。

北京オリンピックではブラジルチームは非常に残念な結果になっています。
そして、アルゼンチンにまさかの準決勝敗退をしています。
と言ってもこの世代にはメッシが居たので仕方のないことなのかもしれません。

優勝したアルゼンチン日本の北京オリンピック代表